専門機械を利用すれば瓦礫選別もスピードアップ

作業員

専門の業者がおすすめです

男の人

家屋の解体などは、あらかじめ産業廃棄物の種類ごとに分別して解体しますが、災害時などは難しいです。また、災害に限らずガレキ選別が必要になった場合は、できるだけ専門の業者へ依頼しましょう。特に事業を営んでいる場合は、不適正な処理が社会的信用の失墜につながる恐れがあります。

詳細へ

瓦礫を処分する方法

工事現場

瓦礫を処分するには、瓦礫の中に含まれるものを種類ごとに分ける、瓦礫選別という作業を行い処理する必要があります。瓦礫選別を行うときは、人の手よりも機械を購入したりレンタルして行うほうがメリットを得られます。

詳細へ

概要と本質

作業員

混合廃棄物とはいかなるものか、近年の建築リサイクル法による処理の変遷をまとめています。きちんと処理する為の注意点や自治体ごとの処理方法の届出の違いがあったり、書類の届出や保存など事細かく決められていますので、高い専門性とスキルが有る混合廃棄物処理委託業者が求められています。

詳細へ

リサイクルを適切に行う

解体工事

産業廃棄物を処分する際には様々なサービスを利用する事が必要であり、適切な処分を行わなければいけません。産業廃棄物を適切に処分する事によって、地球環境を保護する事が出来ると共に資源を再生して使用する事が出来ます。瓦礫選別をする方法は、瓦礫の大きさなどによって異なります。以前では人の手によって選別されていましたが、現代では瓦礫選別を自動で行える機械も登場しています。振動機やベルトコンベアーなどを効果的に活用する事で瓦礫選別に時間をかけずに分別して処分する事が出来るようになりました。瓦礫選別をする機械はレンタルでも使用する事が出来るので、恒常的に使用する事が無い場合でも適切な分別をして処分する事が可能です。

瓦礫処理選別機には多くの種類があり、回転式と振動式の他にも比重選別や風力選別機などがあり、どの機会も大きな物と小さい物を分別する事が出来ます。量が多い場合には通常回転式選別機が最も適しておりますが、水分率の多い砂や泥などの選別には適していないので、そこは注意が必要です。瓦礫の処分は各自治体で処理の方法が異なるので、どの様な処分方法が必用であるかを検討して瓦礫選別する必要があります。瓦礫選別を専門で行う業者もいる為、専門の知識や技術が無い場合にはこれらを利用する事で適切な分別処理をする事が出来ます。瓦礫を処分した証拠を残しておく事が必用であり、マニフェストによって最終処分がされた事を証明させておく事が大切です。