瓦礫を処分する方法|専門機械を利用すれば瓦礫選別もスピードアップ

専門機械を利用すれば瓦礫選別もスピードアップ

男女

瓦礫を処分する方法

工事現場

瓦礫処理の際は

瓦礫とは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律では産業廃棄物に分類され、一般的にはがれき類と呼ばれています。様々な廃棄物が含まれた瓦礫は混合廃棄物となるので、普通の廃棄物としてひとまとめにして処分することが出来ません。例えば、多くの場合コンクリートの廃棄物の中には鉄筋が含まれていることがあるので、コンクリートを粉砕し鉄筋を抜き取り分別するというような瓦礫選別をしなければなりません。瓦礫の中にはリサイクルできるものもあるので、リサイクルできる瓦礫を見つけるために、大きさや種類ごとに瓦礫選別を行います。産業廃棄物を分別して処分することは法律でも定められているので、処分する際には注意する必要があります。

機械を使用して選別する

瓦礫は分別して処分しなければなりませんが、瓦礫選別を人の手で一つひとつ行うのは大変な作業です。膨大な時間がかかってしまうため人手が必要となり、その結果、人件費などのコストが大幅に増えてしまうこともあります。コスト面やかかってしまう時間を考えると、瓦礫選別をする際は重機や粉砕機などの機械を使って選別することが望ましいでしょう。瓦礫選別をする機械を使用するには専門の業者に問い合わせ、機械を購入するのが一般的な方法ですが、中には機械のレンタルを行っている業者も存在します。処分する瓦礫の量や使用頻度が多ければ購入するのが望ましいですが、今後使用する予定がなければレンタルしたほうがコストの引き下げにもなるでしょう。