概要と本質|専門機械を利用すれば瓦礫選別もスピードアップ

専門機械を利用すれば瓦礫選別もスピードアップ

男女

概要と本質

作業員

廃棄物の種類

混合廃棄物というのがどのようなものかご存知でしょうか。建築現場や解体現場から排出される様々なごみ(産業廃棄物)のうち、ガラス・瓦礫・コンクリートガラ・木くず・紙くず・金属くず・廃油のように色々な素材が混合している廃棄物の事です。以前は廃棄物を分類せずに、一気に解体等を行うミンチ解体が主流でした。しかしながら、リサイクルやエコに関して社会的関心が高まっており、建築リサイクル法も施行されていまして、きちんと分別して処理する事が求められてきます。この様な混合廃棄物をきちんと分別・処理できる事が重要になってまいります。なかなか処理に関しては厳しい状況になったといえるでしょう。それだけに、きちんと処理が出来る混合廃棄物の業者さんは人気になっています。

処理する上での留意点

では、混合廃棄物を処理する為の注意点とはどのようなものでしょうか。一般的に品混合廃棄物は、目ごとに処理しないといけませんので、それぞれに許可が必要になってきます。委託する業者は、委託しようとする産業廃棄物の処理が事業の範囲に含まれていることは、一番大事な項目になります。また届出した書面は、5年間保存する事も決められています。委託業者が他の業者に再委託する事も禁止されています。各自治体において非常に細かく指導がされており、ガイドラインもありますので、自治体ごとの処理に関しての対応も求められます。非常に様々な決まりごとがありますので、大変な部分もあるんですが、それだけに高い技術や専門性が有る委託業者が望まれる様です。